スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のバイク遍歴 その7

VF750FでV4エンジンの失敗を経験したんで、次はやっぱインライン4しかないっつうことで次に選んだのがSUZUKIのGSX-R1100でした。

写真はこちら(これは初めて角島に行ったときのものです)

GSX-R1100_1GSX-R1100_2

GSX-Rと言えば油冷エンジンなんでしょうが、これは1998年式の水冷エンジン、GSX-R1100の最終型です。この後ハヤブサにバトンタッチする形でGSX-R1100はカタログ落ちします。

ちなみにこれもヘッドライトは異型でした。

GSX-R1100_3

乾燥重量で221kgもあったんで、ワインディングはよっこらしょ状態でしたが、この車重と大きいカウルのおかげで高速道路は快適そのものでした。しかも150km/hくらいから安定感が増して、200km/h巡航もなんのその(もちろんやったことはありませんよ。。。)でした。ほんと150km/h巡航だと、路面に吸い付くというかオンザレールというか、とにかく一番快適な速度らしいですよ(あくまで聞いた話ですよ。。。)

これもブラックバードやXJR1200同様、走り出せば快適そのものなんですが、取り回しは地獄でした。特にハンドルが低いもんだから、体感では XJR1200より重かったです。

一度下り坂に停めた(もちろんギアはLowに入れてました)ら、前に進んでしまい、サイドスタンドがはずれて私の上に倒れこんできました。5分くらい膝の上に抱っこしてましたが、なんとか火事場の馬鹿力で起こしましたけど、カウルは膝が当たってた部分にひびが入ってしまいました。

これが私にとって最後の重量車かな。

で、この次はHOTのみなさんもご存知のあの変な外車です。。。

スポンサーサイト
カレンダー

プロフィール

かず

Author:かず
基本的にバイク好きのオッサンなんですが、諸般の事情により、4輪生活を始めることに。ちょっとでもバイクに近いものということで、MR-Sなんぞ選んでみました。
あと写真も下手の横好きで細々やってます。

最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。